坂東太郎グループ企業理念

ばんどう太郎グループは、親孝行【人間大好き】を実践します。
社会に貢献できる人づくりを目指します。

経営理念
親孝行人間大好き企業
ばんどう太郎の親孝行とは

  1. ばんどう太郎の「親」とは

    目上の人、上司、先輩、親、すべてお世話になった人を親といいます。

  2. ばんどう太郎の「孝」とは

    相手に理解していただくまで誠心誠意人に尽くすことです。

  3. ばんどう太郎の「行」とは

    自らの行動で実行し続けることです。
    人が育つ会社、人を育てる会社、人づくり企業を目指します。

夢を実現するために(目標)

創造とは

目標を頭の中に描き、頭の中で描いた目標を絵に書いて、あるいは文字にして毎日見る。念ずれば花開くことを信じて毎日復唱することです。

挑戦とは

戦いを挑み、戦いを挑んだからには、目標に向って戦い、勝利を勝ち取るまで行動し続けることです。

感謝とは

「ありがとう」のことばを素直に相手に表現し、行動し、礼を尽くすことです。
(手紙、電話、贈り物をしよう)
教えて頂いたことを素直に行動し、成果が上がると、もっと深い心の感謝が生まれる。

綱 領 私たち坂東太郎は、お客様の満足を第一と考え、私たち坂東太郎は、与えられた役割を果たし、働く仲間の幸福を追求し、地域一番店を目指し、今日も一日喜びを求めて頑張ります。

経営信条

1つ、お客様に一番喜ばれる店づくりを目指します
1つ、社員が一番幸福な店づくりを目指します
1つ、地域に一番貢献できる店作りを目指します
お客様に喜びと感動の提供をします。