「人間大好き・親孝行」ばんどう太郎
文字サイズの変更
小中大
 
ホームへ > ばんどう太郎名前の由来

由来の説明 

 

 

坂東太郎の豆知識

坂東ってどこをさすの?

坂東は、足柄・碓氷から東の国の称というのが一般的ですが、日光連山の東側をさすという説もあります。
その坂東の武士を坂東武者と称しました。ちなみに当社のマークはそれをシンボライズしたものです。

 

坂東太郎は長男。では次男は?

太郎と言う名は昔から長男につけられた名前であり、一番大きいもの長いもの等につけられました。
坂東太郎(利根川)は長男ですが、次男は筑紫次郎と言われる筑紫川(九州)、三男は四国三郎、吉野川(四国)を指します。

<広辞苑より>

 

 

利根川は東京湾に流れていた?

利根川下流はその昔、それはそれは広大な入り江でした。
毛野川(現在の鬼怒川)などから運ばれた土砂が積もって、水の出口をなくした川が湖沼になっていたのです。霞ヶ浦一帯は水郷地帯で、万葉集には「香取の海」、家隆歌集では「香取の沖」と詠まれています。

時代はくだって、天正十八年(1590年)、徳川家康が江戸に入った頃のお話。
利根川は、関東平野を乱入しながら南下し、荒川や入間川と合流して、下流では浅草川、隅田川と呼ばれて東京湾に注いでいました。

このままでは江戸が洪水におそわれる! 先見の明のあった家康は、水路や支派川、堤防などを築いて流れを東に移し、銚子で海に注ぐ大規模な河川改修を行いました。これを「利根川の瀬替え又は東遷(とうせん)」と呼び、この結果、香取の海は土砂の堆積が急速に進み現在のような穀倉地帯が形成されたのです。

 

『ばんどう』が付くことば

ばん‐どう【坂東】

(1)足柄・碓氷以東の諸君の称。東国。関東。 一二「事の縁有るに依りて—の方に下るに」⇔坂西(ばんさい)。

(2)(坂東は八ヶ国から成るところから)漬物商・青物商・魚商・船乗りの隠語で「八」の称。

—-ごえ〔‐ごゑ〕【坂東声】坂東人に特有の音声。
坂東人の濁声(だみごえ)。平家七「声は—で候ひつる」

—-さんじゅうさんしょ〔‐サンジフサンシヨ〕【坂東三十三所】
坂東にある三十三ヶ所の観音の寺堂。→三十三所。

—-じゅんれい【坂東巡礼】
坂東三十三所の観音を巡拝すること。また、その人。

—-たろう〔-たらう〕【坂東太郎】
(1)(坂東にある日本第一の川の意)利根川の異称。⇔筑紫次郎・四国三郎。(2)(江戸方言)夏の白雲。雲の峰。

—-なまり【坂東訛】
坂東の言葉の訛。関東訛。

—-はっかこく【坂東八箇国】
現在の検討地方を成す八国、即ち相模・武蔵・安房・上総・下総・常陸・上野・下野。関八州。

—-むしゃ【坂東武者】
坂東育ちの武士。古く勇猛を以って知られる。関東武士。平家四「—の習として」

<広辞苑抜粋 >